古谷館八幡神社ブログ

「花の嫁入り」オンライン交流会

2014年以来、震災からの早期復興を願って熊谷直実の生誕の地、熊谷市から、孫の直宗が居城を築いた気仙沼に熊谷桜の植樹を続けてきた「花の嫁入り」。コロナ感染拡大を防ぐ為に、本来なら7年目となる今年春 の嫁入りは中止となりました。それでも、9月13日に少人数で苗木だけ届ける予定をしていましたが、それも中止(>_<)

それならば、オンライン交流会をしましょう!と「気仙沼に熊谷桜を届る会」会長、横田さんの呼びかけで、その13日に気仙沼と熊谷市の嫁入り実行委員たちの交流会が開かれました。

慣れないオンライン開催とあって上手く参加出来ない方もあり、予定していた人数よりも少なくなってしまいましたが、久しぶりに熊谷の皆さんのお顔が見られて楽しかったです。

今年お嫁入りするはずだった熊谷桜、そして既に来年用に接ぎ木を終えた熊谷桜、計200本以上が、毎日会長さんのお世話を受けて来年のお嫁入りを待つ映像も見せて頂きました。

来年こそ無事にお嫁入り出来ますように!!

 

接ぎ木された熊谷桜の芽

接ぎ木された熊谷桜の芽

ズームで交流会

ズームで交流会

お嫁入りを待つ熊谷桜の苗木

お嫁入りを待つ熊谷桜の苗木

1600001755519

接ぎ木作業

接ぎ木作業

カテゴリー: 熊谷桜 | コメントをどうぞ

恒例、夏の終わりのお掃除

いつまで暑いんでしょう?!しかし、もう9月。頭の中は徐々に秋のお祭りモードに切り替えなくてはなりません。

毎年夏の終わりに水を撒きながらするお掃除。お宮の渡り廊下と参集殿、お札場のたたきの一斉清掃をしました。猛暑の中でしたが、みんなで短時間で終わらせることができました。

 

DSC_1603

わたしもお手伝い👶

わたしもお手伝い👶

DSC_1604

カテゴリー: 今日の一コマ | コメントをどうぞ

コロナ禍の8月15日

例年であれば、今日8月15日は、まずは終戦記念日として境内の忠魂碑前で慰霊祭を行い、続いてお盆の熊谷家合同祖霊祭を親類一同集まって行うことになっています。しかし今年はコロナウィルス感染予防のために、御親類が集まる祭事は中止になりました。

朝一番、まだ涼しいうちに戦没者慰霊祭を宮司が一人で行い、昼頃に我が家が代表して参列して熊谷家祖霊祭を行いました。

酷暑、そして静かなお盆です。コロナが早く落ち着きますように。DSC_1518

カテゴリー: 今日の一コマ | コメントをどうぞ

ベンチのリニューアル

境内が公園だった時の名残を示すベンチ。散歩に来た人がよくここに座って、海を眺めたりおしゃべりしたりしています。

固定式なので丈夫ですが、座る板の部分がぼろぼろに腐食していました。                       今回、ハウスミカエルさんがボランティアで、新しい板を設置してくれました❗

くさ槙とかいう木だそうで、防腐の処置もしてくれました。

木陰のベンチで寛ぐ人が、また多くなりそうです。
DSC_1512 DSC_1513

カテゴリー: 今日の一コマ | コメントをどうぞ

「山の神様」で疫病退散祈願

今日は旧暦6月15日、八雲神社の御祭神 素戔嗚尊(牛頭天王)の御縁日です。                    八幡様の境内社である通称「山の神様」には、この八雲神と秋葉神、若木神を勧請してお祀りしています。

八雲神は厄除け、疫病退散の神様。                秋葉神は稲の害虫を追い払う火の神様。        若木神は疱瘡除けの神様として南東北を中心に信仰されていました。

毎年この日を山の神様の御縁日として例祭を行ってきましたが、今年は特にコロナウィルス感染の収束を祈願しました。                この山の神様には、古くからさまざまな疫病とかつての松崎村の人々が対峙し、その収束を願ってきた歴史があるのだということを、今回身に染みてわかったような気がします。

祈  疫病退散!

DSC_1473DSC_1472DSC_1470

 

 

カテゴリー: 今日の一コマ | コメントをどうぞ

手水舎もコロナ対策

手水舎で手を浄める際に、皆さんがお使いになる柄杓。コロナ感染予防の一つとして、この使用を避けるようにとの神社庁からお達しがありました。そこで宮司の一案と工作。紫陽花を浮かべて花手水風にしたのは、私の拙案。写真のように手を浄めてくださいませ。DSC_1378 1595124873092DSCPDC_0003_BURST20200719120154770_COVER

カテゴリー: 今日の一コマ | コメントをどうぞ

新型コロナウィルス感染症流行鎮静祈願祭

紅紅餅

紅紅餅

 

今日(6月17日)の三陸新報より

今日(6月17日)の三陸新報より

6月15日、気仙沼支部の十名の神主さんが八雲神社に集まり、コロナウィルスの鎮静祈願祭を執り行いました。6月としては異例の暑さの中、大祓、祈願祭、神楽奉納が粛々と行われました。八雲神社の御祭神は牛頭天王(須佐之男命)であり、古くから疫病退散の神様として信仰されてきました。その祭典日に合わせて、宮城県神社庁気仙沼支部主催で行われたものです。

感染症と人間の闘いは、実はなんと有史以来繰り返し続いていたことを、今回改めて知りました。下の江戸時代の錦絵には、擬人化された薬の武者たちが、これまた擬人化されたさまざまな疫病達を退治している姿が画かれています。それらの武者を牛頭天王を先頭に神様達が集合して、背後で支援してます(馬に乗られているのが弓馬の神、八幡神です)格段に医学が進歩した現代も、疫病に対峙する江戸時代の人達と今の私達は案外重なるところがあるように思います

直会では紅白ではなく、疫病よけの紅紅餅が配られました

*出典 「疱瘡神」H.O.ローテムンド著(岩波書店)錦絵 歌川芳員「諸神の加護によりて…」よりDSC_1167

DSC_1161 DSC_1163

カテゴリー: 今日の一コマ | コメントをどうぞ

今年も!八幡様のハチ退治🐝

昨年は大きすぎて駆除に苦労したスズメバチの巣。今年は早めに見つけなくてはと、毎日ハチパトロールをしていました。そして昨日、なんと皆さんがお参りするところの真上に発見!

幸いまだ小さくて、女王バチだけで巣作りしていた段階のものでした。夕方、働きバチが居ないのを再確認してから駆除成功❗さすがに毎年ハチとの戦に出陣する宮司は、ベテランの域に‥_20200603_143751

カテゴリー: 今日の一コマ | コメントをどうぞ

新しい道路へ切り替え

DSC_1088八幡様下の道路、気仙沼唐桑線が明日6月1日から新面瀬橋へと通行が切り替わります。昨夜はほぼ一晩中工事の音がしていました。日曜日の今日も、最後の作業が行われていました。

ちょうど旧道路とアスファルトが繋がる瞬間を見ることができました👍️

DSC_1091

カテゴリー: 今日の一コマ | コメントをどうぞ

旬のお裾分け

筍がにょきにょきでてきました。毎年恒例になった「八幡様からの筍のお裾分け」をしました。今日は15日、早朝から参詣の方たちが入れ替わり立ち替わりやって来ます。毎年分かっている方は迷いなく、初めての方は「もらって行っていいんだいかぁ?」などと言いながらお持ち帰り。旬のものを頂いて、免疫力をアップさせてください😃1589519686351

カテゴリー: 今日の一コマ | コメントをどうぞ